【セルフカラーを上手くやる4つのコツ】泡で染めるやり方についても解説

セルフカラー 4つのコツ 女性 生活の知恵

「セルフカラーってなんでこんなに難しいんだろう・・」

もしかしたら以下のようなことでお悩みじゃありませんか。

  • セルフカラーをしたら、色ムラになった
  • 何度かやってみたけど、なんかうまくできない
  • 髪が痛んだような気がする

このような理由でセルフカラーを諦めていませんか?

たしかに、色ムラができた、髪が痛んでしまった、といった失敗談はセルフカラーによくあることも事実です。

「それじゃやっぱり美容室にお願いするしかないのかな」

ますますそう思ってしまったあなた、答えを出すのはまだ早いです!

実は、セルフカラーを上手に仕上げるためには、4つのコツがあります。

時間的・経済的コスパに優れたせっかくのセルフカラーです。

しっかりコツを押さえて、「え!?自分で染めたの!?」と、お友達もびっくりするほど綺麗な仕上がりを目指しましょう。

セルフカラーを上手に仕上げる4つのコツ

セルフカラーの仕上がりを格段に上げるには4つのコツが必要です。
これまで、セルフカラーが上手くいかなかった理由が、もしかしたらここにあるかもれませんね。それでは見ていきましょう。

コツ1,しっかりブロッキングをしておくこと

セルフカラー ブロッキング 画像 楽天 
出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/annadonna/dyedhair.html

ブロッキングとは、髪を小分けにすることを言います。
髪を小分けして塗る事で、塗りムラがなくなり、しっかりと髪にカラー剤を塗っていくことができます。

実は、セルフカラーで一番失敗が多いと言われているのが「染めムラ」

しっかりとしたブロッキングは、「染めムラ」をなくす事に繋がりますので、しっかりブロッキングはしておきましょう。

分け方としては、耳前左の部分・耳前右の部分・後頭部の上部分・後頭部の下部分の計4つに分けます。

ちなみに、美容室ではヘアクリップを使用する事が多いですが、セルフカラーでは根元にしっかりとカラー剤を塗っていけるよう、ヘアゴムを使ってのブロッキングがお勧めです。

コツ2,染まりにくいところから順に塗っていくこと

セルフカラー ブロッキング 後頭部 画像 楽天 
出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/annadonna/dyedhair.html

襟足部分は染まりにくいと言われています。
塗る順番は、染まりにくい後頭部下のブロックから始めましょう。

ここで注意したいのは、生え際だけを先に塗っていく事。
ムラをなくす為です。

ブロック周りの生え際を塗りおえたらヘアゴムを外し、少しずつ髪をとりながら生え際だけを塗っていきます。
同じように、後頭部上のブロック、次に耳前のどちらかのブロック、残りの耳前のブロックと進めていきます。

髪全体の生え際を塗り終えたら、今度は毛先まで全体を塗っていきます。
この時、毛束をいくつかに分けながら塗ると、カラー剤が髪の内側まで届いて、塗りムラがなくなりますよ。

コツ3,放置時間の厳守と乳化をすること

セルフカラーの放置時間に注意

髪全体にカラー剤を塗りおえたら、ラップで髪を包んで放置します。

セルフカラーをおこなう際、放置する時間は厳守してください。
記載時間より長く放置してしまうと、当然髪へのダメージが大きくなり、痛みの原因になります。

また、放置時間を終えた後は、より綺麗に仕上げる為、水(お湯)とカラー剤をなじませる“乳化”を行うことをお勧めします。

少量のぬるま湯(水)を頭に加え、揉みこむようにして根元についたカラー剤をなじませていきます。

“乳化“は、染めムラを防ぐだけでなく、色持ちも良くなるのでカラーリングに”乳化“はとても大事な工程なのです。

コツ4,トリートメントケアをしっかりすること

セルフカラー後のトリートメント 

セルフカラー後の髪はとてもデリケートになっています。

洗い流した直後のトリートメントはもちろん、ダメージが落ち着く1週間~10日間は、トリートメントでしっかり髪のケアを行いましょう。洗い流さないタイプのトリートメントを使用するのもお勧めです。

セルフカラーの定番『泡タイプ』の上手なやり方

セルフカラー 泡タイプ
初心者向けセルフカラーと言えば、定番『泡タイプ』ですね。

泡タイプの魅力は、なんと言ってもカラー泡剤を、直接髪につけてシャンプーするように揉みこむだけという使いやすさ。

しかし、泡タイプを使用する時、もっとも気を付けたいのが「染めムラ」です。

ブロッキングの必要がないので、特に髪の内側はカラー泡剤が届きにくい。

このような理由から泡タイプは染めムラになりやすいんですよね。

泡タイプを使うときは、

  • 「髪の内側にもしっかりとカラー泡剤をつける」
  • 「とにかく泡をたっぷりつける」

この2つが泡タイプでセルフカラーを上手に行うポイントです。

セルフカラーでよくある失敗

セルフカラーのよくある失敗で、「色ムラ(染ムラ)」と「逆プリン」があります。

色ムラ(染ムラ)とは?

色ムラ画像セルフカラー 色ムラ アメブロ 出典:https://ameblo.jp/red-nose0307/entry-12439237633.html

髪の色味がまだらになっている状態。

染めなおして対処できる場合もありますが、完璧を目指すなら美容院に駆け込むしかない場合も多々あります。

逆プリンとは?

セルフカラー 逆プリン アメブロ出典:https://ameblo.jp/hana-bu2/entry-12464293923.html

根元が髪の毛先より明るくなってしまった事を言います。

特に、髪色を明るくするためのカラー剤は、暗くするカラー剤より、強い薬剤が使われています。

そのためカラー剤を根元につけすぎた時や、放置時間が長くなりすぎた時に、「逆プリン」は起こりやすいんですよね。

まとめ

一見むずかしそうに思われるセルフカラーですが、しっかりとコツをおさえながら行うと、そう難しくありません。

上手くいかないという事は、そこに理由があるものです。その理由さえクリアできれば、セルフカラーが上手くなります。

また、カラー剤そのものも、日々研究され、より安全に、より使いやすくなってきましたよね。

だからこそ気軽に、そしてもっと自由に、髪のオシャレを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました